NEWS


〇誓教寺仏道実践会(9月27日から)にご参加の皆さまへ〇
 
ご案内書をお送りいたしました。
メールに添付でお送りしましたので、
開くことができない方はお知らせください。
また、届いていない方もご一報くださいませ。
よろしくお願いいたします。
 
皆さまお元気でお越しくださいますように。

つきなみ212号(2019年8月1日)を掲載しました♡ Tsukinami, Seikyoji's official paper


◎2019.8月~11月 おもな予定&講座案内◎

おもて面

うら面

 

※見出しが4月~7月になっていますが気にしないでください♡


    スマナサーラ長老ご指導 誓教寺仏道実践会

             @由宇 ふれあいパーク

 

ヴィパッサナー実践に埋没して過ごす78日の仏道実践会です。

 すばらしい環境の中、スマナサーラ長老のご指導の下で、24時間の実践を体験してください。

 

□とき:2019927()104日(金)

    927日(金)は経験者の自主瞑想会(10:00~。到着された方から実践に入ってください)

    9月28日(土)に初心者のための指導があります。(初心者指導はこの日のみ)

    104日(金)は11:30終了予定です。

 

□ところ:山口県由宇(ゆう)ふれあいパーク

      ・アクセス JR由宇駅より車で約15(新幹線:広島駅でJR在来線山陽本線に乗り換え)

          岩国空港より車で約40分

 

      ・施設シャトルバス

          由宇駅→ふれあいパーク 92711:40発  9289:10

          ふれあいパーク→由宇駅 10412:00発 15:00

 

□参加費:参加日数によって変わります。下記を参考にしてください。

       

      (宿泊費+食費(2)+施設使用料を含みます)

       全参加  洋室 43400

           和室 40880

       67日  洋室 37200

           和室 35040

 

     洋室は4人、和室は5人でひと部屋です。

     個室としての使用ご希望の方、ご相談ください。

   ※ 日帰り参加の方はご相談ください。

    ※ 10月4日の昼食は別料金(800円です)。

 

□主催: 誓教寺 山口県下松市切山347

     0833-46-1413

      0833-46-3149(FAX)

 

お問合せは お電話またはメールでどうぞ

 ☆お申込みは《お申込みフォーム》から☆

 


☆誓教寺関連の出版物、施本などは『出版物』『施本』のページをご覧ください☆


あなたも「誓教寺住職と学ぶ仏教勉強会」に参加してみませんか

次回は  2019年9月21日

(第3土曜日)13:30~16:00 です♡

誓教寺・仏教なんでもセンターにて

 

 本当はまじめに毎月一回、下記のような勉強もしています。が、人々の仏教に対する関心はいろいろなので、まず最初に、途中でも、勉強会が終わった後でも、「仏教に関する疑問・質問・不満なんでもズバリお答えします」コーナーを設けております。

 法事や葬式の疑問、お墓や仏壇の悩み、幽霊って本当にいるの?、そして、お寺との付き合い方、

などなど、なんでも仏教的に正しくお答えいたします。

 なにしろ回答者は、仏教最古のパーリ語で記録された原始仏教経典に説かれる「幽霊に対する功徳回向(施餓鬼供養)のしくみと効果」をテーマに広島大学にて文学博士を取得した住職なのです。どうぞご安心して、どなたでもお気軽にご参加ください。参加費は無料です。

 

 基本的には第3土曜日の午後に誓教寺本堂で開催しています。

片山一良先生が和訳された『パーリ仏典』(大蔵出版)シリーズの原始仏教経典を住職が読んで解説します。

現在は長部経典第25です。コピーをご用意しています。

 

急にパーリ語原典が必要になったりコピーが必要になったりすることがありますので、経典解説の勉強会は、当面は引き続き本堂で行います。


 

☆住職の新刊が出ています☆

Chief priest's newest publication!

 

いよいよ部派分裂です。

 

一味和合の釈尊の比丘サンガが

仏滅百年後に上座部と大衆部に分裂しました。

アショーカ王が世に出るまでのその後の百年間に、

さらに分裂して合計で二十部になりました。

さて、この二十部の中に

釈尊の教えのままを保っている部派はあるのでしょうか。

みんな、少しずつ変わってしまったのでしょうか。

 

答えは読んでみてのお楽しみ、です。

 


🌸お布施者銘板と今後のお布施の扱いについて🌸

 

 今回の会館工事が完了して正式に引き渡しとなる五月頃を目途にいったん締め切って、銘板を作成します。およその金額ごとにある程度仕切りをつけますので、大変失礼ながら、追加(!)お布施をお考えの方は、どうぞお早めに(;^_^Aご遠慮なく(^▽^;)お願いいたします。

 じつは、将来は隣の管理棟を建て替えて仏塔を上に据えた新しいタイプの建築にしたいという「第二期工事」への野望も捨ててはおりません。

 また、恥ずかしながらあれこれの備品や特に仏さまをお荘厳するための資金がまだ調っておりません。

 さらに、自惚れたことを申しますが、また寺からこういうことを申すのははなはだ失礼なこととは存じますが、仏法の活動は料金ではなくすべてお布施によって支えられております。

 そこで、お寺の口座をこの「第一期工事」で閉じずに開けっぴろげにしておきますので、どうぞいつでもご遠慮なくお振込みくださいますようお願いいたします。

 

●ゆうちょ銀行

 店名 五五八(ゴゴハチ) 店番558

 普通預金 0134792 セイキョウジ

 

●山口銀行 下松支店 

 普通 765466 セイキョウジ

 

 ある程度まとまった金額を特別の目的のために、たとえば「仏さまのお荘厳のために」とか「ペット供養塔のために」などと指定してお布施くださいましたら、その什物にお布施者の氏名を記入したり別途に銘板を作成したり致します。これまた失礼ながら、寸法や色合いや使い勝手が適切かどうかということもありますので、什物そのものよりもお金の形でお布施下さるほうが有難いです。

 

 変な寺が変なことばかりやっているように見えますが、自分たちは仏道のど真ん中を歩んでいるつもりで猪突猛進しております。怪しげな言動が見えましたら、どうかご遠慮なくご指摘、ご批判くださいますようお願いいたします。今後とも仏法を伝える誓教寺をどうぞよろしくお願いいたします。


誓教寺会館にお布施くださった方に

3つのお願い♡

 

1.左のお礼状を順次お送りしております。

 が、誓教寺がご住所を存じない(『つきなみ』をお送りしていない)方からもお布施をいただいております。申し訳ございませんが、メールでご住所をお知らせくださいますようお願いいたします。

 

2.法事などの通常のお布施に「会館」分を上乗せしてお布施してくださっている方はおられないでしょうか。

 大変失礼とは存じますが、会館お布施者のための銘板を作成しますので、思い当たる方は、お手数ですがどうか自己申告していただけないでしょうか。

 

3.他者の善行為を顕彰して共に慶ぶ「廻向と随喜」が仏教本来の積徳行です。というわけで、原則としてすべての方のお名前を掲示いたします。

 大変申し訳ございませんが、匿名をご希望なさる方だけ、そのようにお知らせくださいますようお願いいたします。

 

以上、はなはだ勝手なお願いを申しますが、どうかご理解くださいますようよろしくお願いいたします。住職


誓教寺の菩提樹さまたちです。Two Indian Bodhi trees of Seikyoji

左が参道途中の「上の菩提樹さま」、右が第二駐車場向かいの「下の菩提樹さま」です。


Seikyoji front gardens, left and right of the San'mon gate for the main hall

lavatory in the right                                                                San'mon gate in the centre